FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興への想いby浜田省吾 (momo編)


海外の街角を切り取ったような今回のセット

「HOME BOUND」「MY FIRST LOVE」「WASTED TEARS」

アルバム名をそのままお店の看板にするなど
浜田省吾のこだわりを存分に感じた
今回のチャリティーコンサート。

アリーナとは一味違う一体感でした。

そして愛奴から浜田省吾となって30年。
一貫して反戦を訴え続けたぶれのない
まっすぐな思い。

そりゃあみんな付いて行きますよ。
だってあのパワー(ちなみに還暦です)に
あの圧倒的な歌唱力。


tonmaくんのブログにもあったとおり
懐かしいバラードが多かったのですが
十二分に熱いロック魂が伝わり
本当に感動的でした



先日復興に遣われるべき税金が
全く関係の無い場所で使われていたと
ニュースで聞き
「やっぱりか」
と腹が立ったのを覚えています。

でもJ・S基金はどこでどんなふうに使われたのか
明確に私たちに伝えてくれました。
例えば、ソーラー発電を設置したとか
部活の遠征費にしたとか…

ほんの少しでも誰かのお役に立てて
うれしかったです


ちょっと気になったのが浜省がスリムになっていた事です。
そのせいか軽やかにダンスダンスダンスしていましたが
あまりにも張り切って踊っていたので
ふっと笑ってしまう瞬間もあり…(ごめんなさい)
7月28日のBSでぜひチェックしてみて下さい。

たぶん最後のテレビ出演となると思うので
かなり貴重です。

最後に
コンサートの翌日
浜省のCDを聞きまくり

後日、たまたま集まった浜省ファンで
唄いまくったことは言うまでもありません


momo
スポンサーサイト

水草水槽を始めました。


久しぶりの記事となりましたフナツです。
水草水槽を2ヶ月前に立ち上げました。

水草水槽というのは熱帯魚飼育の水槽と似ていますが、魚は脇役で水草植栽中心の、いわば水中ガーディニングのようなものです。

以前から、アクアショップの店頭やネットで見ていてその美しさに引かれてやってみたいと思っていました。

まず、こんな感じに流木や石を組み合わせてレイアウトの構想を練ります。

01-2.jpg



最初に買ってきた水草です。

02_20130709135143.jpg


底に土と肥料を入れ、ウィローモスを巻き付けた流木と石を配置、注水して水草をピンセットでちまちまと植えます。
フィルターやヒーター、照明、CO2添加装置などを設置してやっと完成。

03_20130709135144.jpg


周りに水草水槽をやっている知人も居らず手探りで進めたので失敗も多かったですね。
底床に使うソイルをごしごし洗ってしまったり、買ってきた水草を土のついたまま植えようとして水が真っ黒に汚れてしまったり、チューブ類を短く切りすぎてあわてて買いに走ったり・・・。

水草水槽をやるには、器具類や水草が高価なのでかなりの初期投資と事前知識が必要だと実感しました。
失敗してのやり直しは難しいので最初の構想が大切ですね。


その後こけ類の発生や、原因不明のフィルターの不調(実はただの吸水管のつまりでした)、貝類の大量発生等に悩まされながらも、ほとんどの水草は順調に育ち(中には2日で溶けてしまった水草も・・・)、

そして、二ヶ月後の現在

04.jpg

魚や、エビ等の生体を入れて賑やかな水槽になりました。
水槽の中の一つの世界、照明に照らされた生態系の美しさはずっと眺めていても飽きません。

ちなみに、専用の水槽台ではなく木製の棚にアクリル板を敷き60×30×36cmの水槽を設置しています。

05_20130709135147.jpg

スペースの関係上ランドリー・掃除用品とアクア用品が混在しています・・・。


少し前ですが、スカイツリー下の都内最大級の水草水槽が設置してある「すみだ水族館」へ行ってきました。
アクアリウム界の重鎮、天野尚氏率いるADAが制作監修している二カ所の巨大水槽は感動もので一見の価値はありますよ。

06.jpg

07.jpg



水草は成長が早く日々変化していくので観察が欠かせず、水換え、トリミング等たくさん手間はかかりますが、すこしづつレイアウトにも手を加えて、今のところ新しい世界が広がった感じでとても楽しめています。

現在の心配事は夏の室温上昇によるダメージで、冷却ファンを設置していますが、梅雨明けでいきなりの猛暑、大丈夫だろうか・・・




水草水槽のせかい すばらしきインドア大自然水草水槽のせかい すばらしきインドア大自然
(2013/04/05)
タナカカツキ

商品詳細を見る

ON THE AVENUE 2013


一昨年の横浜、昨年の埼玉に引き続き、7/5(金)に今年も参戦してきました。

『ON THE AVENUE 2013 special チャリティーライブ For 東日本震災復興支援&海外-人道支援プロジェクト』

浜田省吾のライブです。

会場がNHKホールなので競争率が・・だったんですが、koba&momoさんと共に運良くチケットが取れました!

平日PM6:30開演なので仕事もそこそこに(笑)いざNHKホールへ。


入口で受付を済ませ、座席の確認です。(毎度ですが、この段階まで席が分かりません)

今回は『2階R5列』。

koba&momoさんの両名が1階だったので、多少の敗北感を感じながら席へ向かったんですが、2階とはいえ、せり出し部の前方中央寄り。

ステージに近いうえ、上方からなのでムチャクチャ見やすかったです。


照明が落ち緞帳が上がった時、客席のあっちこっちから「おーッ」という声が・・

ステージセットが、昔のライブ映像でしか見た事のないような街角の風景なんです。

20年来、ほぼ全てのツアーに参戦してますが、初めて感じる雰囲気に、これだけで得した気分になってしまいました。


で、オープニングは『Walking In The Rain』。

しっとり始まったのもつかの間、次の『モノクロームの虹』で早くも会場中のおじさん(+おばさん)パワー全開です(笑)。

バラードは懐かしいナンバーが並び、浜省の盟友、町支寛二&古村敏比古のユニット『カンフル罪』まであり、いつもとは趣の違うステージでした。

『J-BOY』も『MONEY』『HELLO ROCK&ROLL CITY』も無かったけど、全21曲(+カンフル罪 2曲)充実の2時間50分でした。


ちなみに、このライブの収益は、『J.S.Foundation(J.S.基金)』を通して被災地や海外に支援されます。

J.S.Foundation

昨年の『ON THE ROAD The Last Weekend 東日本大震災
      被災地復興支援コンサート』の収支報告


個人的には何もしてませんが「ライブに参加するだけで少し貢献」と独りよがりに思った(笑)、2013年梅雨明け直前の夜でした。


tonma

プロフィール

サンズメディア

Author:サンズメディア
サンズメディアのスタッフブログです。

ホームページ
http://suns-media.co.jp

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。