スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリューゲル「バベルの塔」展


170430-1.jpg
上野の東京都美術館で『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―』を開催中(7月2日まで)。

16世紀ネーデルラント(オランダ、ベルギー辺り)の画家ピーテル・ブリューゲルとヒエロニムス・ボスは学生の頃から好きで、画集も持っていて研究書の類を読んだ事もあります。

ヒエロニムス・ボスは聖書の寓話や様々な象徴を表した独特で奇怪な怪物や不気味な地獄の絵で有名で、次世代に当たるブリューゲルはボスの影響を受けた怪物の登場する作品や農民を主題にした絵と版画を多く残しています。

今回の展覧会はブリューゲルの絵画「バベルの塔」をメインに、ブリューゲルの版画、ボスの絵画2点、ボスの影響を受けた画家の作品、その他同時代のネーデルラントの絵画・版画・彫刻など約90点を展示。

宣伝文句のように「バベルの塔」がブリューゲルの最高傑作かどうかは疑問ですが、インパクトのある作品で魅力があり、また、ボスの絵も観れるので出かけてきました。

観に行った日は初夏のように暖かい好天で、東京都美術館のある上野公園はGW中もあり凄い人出です。
館内も行列が有る程ではないですが、大混雑しています。

入場して、聖人の彫刻から聖書を主題にした絵や肖像画を順に観て、ボスの絵画2点を展示してある階へ進みます。

放蕩者(ヒエロニムス・ボス作)1500年頃
170430-6.jpg

聖クリストフォロス(ヒエロニムス・ボス作)1500年頃
170430-3.jpg
ここまで観た他の作品とは明らかに異なる主題や構図で、ボスの独自性を強く感じました。
絵画のサイズが大きくないのもありますが、ボスの作品は様々な寓意がちりばめられているので、絵の部分を拡大した解説パネルが複数展示されています。
その寓意の謎解きも魅力の一つです。

死後もボスの評価と名声は高く、その影響を受けた作品が今回多数展示されています。
あくまで模倣作品なのでオリジナルのボス作品程の魅力は感じられませんが、面白いと思った作品もいくつかありました。

次は、ブリューゲルの版画作品のエリア。
ボスの影響を受けた多数の怪物が描かれたもの、寓意を絵にしたもの、農民を描いたものなど、その緻密な描写に驚き。ブリューゲルは版画作品も傑作が多いです。

そして、メインの絵画「バベルの塔」の展示エリア。

バベルの塔(ピーテル・ブリューゲル作)1568年

170430-4.jpg
サイズ的には思っていたより小さい作品(60×74.5cm)ですが、その魅力を多面的に理解できるようにいろいろな工夫がしてあります。
エリアのある階へ入って直ぐ、円弧状に膨らんだ壁全面に「バベルの塔」の一部分を大きく拡大したプリントが貼ってあり塔のスケール感を感じられます。

パネルでの、聖書の主題としてのバベルの塔の解説に続いて、バベルの塔を描いた絵画の歴史の解説があり、いかにブリューゲルの「バベルの塔」が革新的作品であったかを理解できます。

実物の「バベルの塔」は、混雑からなのか残念ながら立ち止まらず歩きながらの鑑賞でしたので、細かい部分は全く確認出来ず。
補うように、東京藝術大学が制作した「バベルの塔」を3D化して細部を見せた映像の上映や、原画を300%拡大して精緻に再現したプリントが展示してあり、そちらで充分楽しめました。

パノラマ的なスケール感は壮大で、建築的に正確で、工事の様子がリアルに描かれ、1400名もの人物が細かく描き込まれています。
まさに、ミクロな世界とマクロな構図が一体化しています。

実は、ブリューゲルの「バベルの塔」は他に1点1563年制作の作品があります。

170430-5.jpg
一般的にはこちらの「バベルの塔」の方が有名で、前景に人物が描かれた明るいバベルの塔で、個人的にもこちらの作品が好きでした。
今回展示された「バベルの塔」はこの作品に比べてよりスケール感が際立っていて、色調からか陰鬱な感じが魅力にもなっています。

今回の「バベルの塔」展は、展示以外の企画にも力が入っていて、
・大友克洋が下絵を描いたバベルの塔断面図
・画中の怪物「タラ夫」のキャラクター化
・レゴで作り上げたバベルの塔
・画家ヒグチユウコさんのブリューゲル作品をオーマージュした作品集の出版
などが行われました。

展示会グッズも食品から衣類・文具・食器など種類が多くてびっくり。

ブリューゲルの油彩画は「バベルの塔」1点のみの展示でしたが、ブリューゲルとボス、そして16世紀ネーデルラント絵画の魅力を改めて確認できました。


フナツ記


スポンサーサイト

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観てきた。



170424.jpg

元々1995年公開の劇場版アニメ「ゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊」や、その後制作されたテレビアニメシリーズのファンでした。

海外でも大友克洋の「AKIRA」等とともにジャパニメーションを代表する作品として人気があり、「マトリックス」を制作したウォシャウスキー姉妹(元は兄弟!)は、当初この作品の実写化を考えていたそうです。
日本アニメのハリウッド映画での実写化というと「北斗の拳」や「ドラゴンボール」が思い浮かびますが、評価は散々でしたね。
「ゴースト・イン・ザ・シェル」の実写化も、主役の草薙素子役を白人女性が演じるということを知った時、トンデモナイ作品になる不安がありました。

しかし、トレーラー映像が発表され、劇場版アニメをなぞったビルの屋上からダイブするシーンや、水辺での格闘シーン、テレビアニメ第一話の芸者ロボットのシーンなど原作へのオマージュが溢れていて面白そうではないか!
映画「ブレードランナー」の世界がさらに進化した様な、ビルを包み込む巨大サイズの人型ホログラフィ広告が林立し、サイボーグ化した奇怪な人物が溢れ、混沌とした香港とデータの海を可視化したような世界観も目新しくて凄い!
これは期待大です。

以下、ネタバレ注意!

見終わって、結果予想以上に満足でした。
良かった点:
・主人公のスカーレット・ヨハンソンが予想以上にハマリ役でカッコイイ
・独特の世界観を表現したビジュアルイメージが凄い
・原作アニメへのオマージュとなるシーンが多くうまく実写化されている
・劇場版アニメのストーリーをひとひねりしたストーリー展開で、ラストは賛否両論あると思いますが意外な展開で感心
・主人公の失われた記憶探しという劇場版アニメと異なった主題も分かりやすく面白い

気になった点:
・観る人全員が感じる事と思いますが、荒巻役のビートたけしの日本語演技は雑で最後まで違和感が消えなかった
・原作アニメへのオマージュが強すぎて、詰め込み過ぎで説明不足の点があった(公安9課の設定など)
・演出のせいか事前の訓練不足なのか、スカーレット・ヨハンソンのアクションに少しキレがないように感じた

SF映画としては傑作とは言いがたいかも知れませんが、難解で哲学的な原作アニメを原作ファンも一般観客も楽しめる娯楽映画としてよくまとめ上げた作品だったと思います。

一足先に封切られたアメリカでは期待はずれの興行成績だったようですが、ぜひ続編を期待したいですね。

フナツ記



プロフィール

サンズメディア

Author:サンズメディア
サンズメディアのスタッフブログです。

ホームページ
http://suns-media.co.jp

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。