FC2ブログ

さ・く・ら


少〜し前のことでした。

ある朝、通勤のために道を急いでいたM女史の足下に、小さく折れた桜の枝がありました。

よく見てみると、枝の先には数粒のつぼみが・・

「まぁ、かわいそう。頭上の桜は咲き誇ってるのに、この子達は・・」

「それに、このままだと人に踏まれてしまう」

そう思ったM女史は、その枝を拾い職場に持って行くことにしました。


会社に着くと小さなコップに水を入れ、そこに小さな枝をさして

「きれいに咲くといいね」

と、桜のお世話を始めました。


すると数日後、つぼみが開花して数輪の花が咲きました。

sakura_01

sakura_02

「ありがとう。お花を見せられて良かったです。この花で少しでも春を感じてもらえれば・・」

そんなお礼の言葉が聞こえてくるような可憐な姿です。


ただ、枝だけの状態なので来年は・・文字どおり最後のひと花です。

その可憐な姿に安堵しつつも寂しさを覚える、ある春の日の午後なのでした。


おわり



と、M女史と桜さんの気持ちを勝手に想像してみる、ある春の日の午後なのでした(笑)。



tonma
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

サンズメディア

Author:サンズメディア
サンズメディアのスタッフブログです。

ホームページ
http://suns-media.co.jp

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR